ホーム >

上映のご案内:上映のご案内

       
 
上映のご案内 guide for screening

桜映画社は、ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞した児童劇映画「お姉さんといっしょ」以来、最近では、人形アニメーション映画「死者の書」、長編劇映画「HAZAN」「みすゞ」、そして最新作の長編ドキュメンタリー映画「里山っ子たち」など、幅広いジャンルで映画の製作を続けてきました。最新作から懐かしい作品、また短編作品も多種そろえて上映会、学習会、イベント等に貸出しております。

全国の上映会情報は、各作品の公式サイトをご覧下さい。


貸出作品


長編作品

長編劇・アニメーション映画

  • 人形アニメーション

    「死者の書」

    本編:カラー 70分

    監督・脚本・人形美術:川本喜八郎 原作:折口信夫「死者の書」
    撮影:田村実 伊丹邦彦 他 美術:工藤瑞樹 音楽:廣瀬量平
    アニメーション:及川功一 森まさあき 他
    声の出演:宮沢りえ 観世銕之丞 榎木孝明 江守徹 黒柳徹子 岸田今日子
    企画:川本喜八郎新作人形アニメーション製作実行委員会 支援:文化庁

    受賞選定 文化庁メディア芸術祭優秀賞/ザグレブ国際アニメーション映画祭審査員特別栄誉賞/中国国際アニメーション・デジタルアートフェスティバルグランプリ 他/文部科学省選定
    日本を代表するアニメーション作家川本喜八郎が、折口信夫の不朽の名作を人形アニメーションで初めて映像化した作品。奈良、平城京。藤原南家の姫、郎女(いらつめ)が、若くして非業の死を遂げた大津皇子の彷徨える魂を、一途な信仰で鎮めていく。
     

    記録

    「ひさかたの天二上」

    序章:カラー 14分

    監督:村山正実 監修:川本喜八郎 撮影:木村光男 語り:寺田農
    「死者の書」の背景となる藤原南家の郎女と大津皇子の史実を探り、折口信夫の古代への洞察を詩的に辿って、本編への導入とする。
     
  • 劇映画

    「HAZAN」

    カラー 108分

    監督:五十嵐匠  原案:荒川正明 脚本:荻田芳久 五十嵐匠
    撮影:芦澤明子 音楽:安川午朗 美術:池谷仙克
    出演:榎木孝明 南果歩 康すおん 寺島進 柳ユーレイ 長谷川初範 中村嘉葎雄 他
    企画:映画波山製作委員会 支援:文化庁

    受賞選定 ブルガリア国際映画祭最高賞・映画製作者連盟賞/文部科学省選定/東京都知事推奨 他推薦多数
    後に陶聖とも呼ばれ、数々の栄光を手にする陶芸家・板谷波山は、草創期には窯にくべる薪にも不足する貧しい生活が続いた。ストイックなまでに理想を追求する波山を縦糸に、波山を支える妻まるの夫婦愛を横糸にして、信念を持つ人間の厳しさと美しさを描く。
     
  • 劇映画

    「みすゞ」

    カラー 105分

    監督:五十嵐匠 脚本:荻田芳久 監修:矢崎節夫 撮影:芦澤明子
    照明:金沢正夫 音楽:寺島民哉
    出演:田中美里 中村嘉葎雄 永島暎子 加瀬亮 寺島進 増沢望 イッセー尾形 他
    企画:(株)紀伊國屋書店 製作:映画「みすゞ」製作委員会

    受賞選定 文化庁優秀映画賞/毎日映画コンクール男優助演賞・技術賞(照明)/社団法人日本PTA全国協議会推薦
    大正時代の童謡詩人、金子みすゞの一生を描いたドラマ。本に読み耽るみすゞは、雑誌に童謡詩を投稿するようになる。従兄弟(実は実弟)の正祐との心の交流。意にそまぬ相手との結婚、やがて病を得て26歳の時に自ら死を選ぶ……。映画はみすゞを巡る人々を通じて、その人間像と透明な詩の世界に迫る。
     
  • 写真:児童劇映画「おねえさんといっしょ」

    児童劇映画

    「お姉さんといっしょ」

    白黒 51分

    監督:青山通春 原作:筒井敬介
    出演:船津たかひで 田中よしのり 伊吹友木子 浦辺粂子 トニー・谷 他

    受賞選定 ベネチア国際映画祭児童映画展グランプリ/仏・サンドリヨン賞/イタリア文化賞/国際インステンド会議製作者賞及び監督賞/文部省選定/東京都教育委員会選定
    お姉さんを中心に、タッちゃんとお兄ちゃんが、お母さんの留守中に引きおこすいろいろな出来事。無邪気な幼い日々、どんな時代にも子どものみが持つ、はつらつたる楽しさ、ユーモア、きょうだいの愛情を描く児童劇の永遠の名作。
     
  • 写真:児童劇映画「海ッ子山ッ子」

    児童劇映画

    「海ッ子山ッ子」

    白黒 70分

    監督:木村荘十二 脚本:筒井敬介 撮影:木塚誠一 音楽:林 光
    出演:吉田春夫 高田恭朗 吉沢久嘉 松本克平 飯田蝶子 有田紀子 他

    受賞選定 ベネチア国際映画祭サンジョルジュ賞/文部省選定/東京都教育委員会選定/日本PTA全国協議会特選 他推薦多数
    浜辺の集落とミカン山のある集落との、大人たちの因習的な反目が、磯っ子、山っ子と呼ばれる少年たちにも及んでいた。が、2人の少年の漂流、犬や鳩の大活躍などスリルに富んだ冒険の末にめばえた友情によって和解していく。心温まる少年たちのロマン。
     

長編ドキュメンタリー映画

  • ドキュメンタリー映画

    「里山の学校」(仮題)

    2009年秋の完成に向けて撮影進行中。千葉県木更津市の学童保育所「ポプラクラブ」が行っている里山の森での「土曜学校」をドキュメントする。小学1年生から6年生までの子どもたちが大人たちと一緒に、思い思いに森で見つけた自由な夢を育てていく。「里山っ子たち」シリーズ第3作目。
     
  • ドキュメンタリー映画

    「Little Challengers 小さな挑戦者たち」

    カラー 94分

    監督:原村政樹 撮影:岩田まき子 原村政樹 編集:四宮鉄男
    語り:湯浅真由美 音楽:徳永由紀子
    協力:NHK

    受賞選定 文部科学省選定
    里山の森の保育で様々な体験を積んで豊かな時間を過ごした里山っ子たち。かれらは秋の運動会に向けて、いろいろな課題に挑戦していく。スキップ、逆上がり、うんてい、縄跳び、竹馬、自転車乗り、竹登り。うまくできずに悔し涙を流しながらも、けなげに自分から挑戦していく子どもたち。簡単にはできないけれど、一生懸命頑張ればもしかしたら出来るかもしれない課題に取り組む子どもたちの微妙な心の動きや課題が達成した劇的な瞬間など、その奮闘努力ぶりを、周りで支える友だちや大人たちの姿も交えて、長期密着取材で捉えた。「里山っ子たち」シリーズ第2作目。
     
  • ドキュメンタリー映画

    「里山っ子たち」

    カラー 110分

    監督:原村政樹 撮影:岩田まき子 原村政樹 藤江潔 編集:四宮鉄男
    語り:湯浅真由美 音楽:徳永由紀子
    支援:文化庁 協力:NHK

    受賞選定 児童福祉文化賞/厚生労働省社会保障審議会特別推薦/キネ旬文化映画ベスト・テン第3位/文部科学省選定
    市街地に残る里山で保育を実践している千葉県木更津市の社会館保育園。
    自然の中で子どもたちがどのように成長していくのか、一年半にわたって見つめた。
    泥んこになって、野生の木の実を味わい、生き物たちと触れ合う。怪我をして大声で泣くこともあれば、感情むき出しの喧嘩も頻繁に起こる。そんな中で子どもたちは、助け合いの心や思いやり、コミュニケーション力を育みながらたくましく成長している。シリーズ第1作目。
     
  • ドキュメンタリー映画

    「いのち耕す人々」

    カラー 100分

    監督:原村政樹 撮影:藤江潔 木村光男 藤井敏貴 編集:四宮鉄男
    解説:山本學 詩朗読:湯浅真由美 音楽:徳永由紀子
    支援:「いのち耕す人々」制作上映支援会 文化庁 協力:NHK 他

    受賞選定 文化庁文化記録映画優秀賞/キネ旬文化映画ベスト・テン第4位/文部科学省選定/東京都知事推奨
    山形県高畠町では農家の約半数が有機農業に取り組んでいる。きっかけは32年前、若い農民たちが近代農業に疑問を感じ、農薬や化学肥料に頼らない有機農業を手探りで始めたこと。彼等を支えたのは都市の消費者だった。20年前の映像を交え、農民たちの暮らしを通じて、信念を貫いて生きる人々の輝きを里山の自然と共に映し出す。
    そして食糧自給率向上の大きなヒントを示唆している。
     
  • ドキュメンタリー映画

    「海女のリャンさん」

    カラー 90分

    監督・脚本:原村政樹 撮影:木村光男 金性鶴 原村政樹 金世正 編集:四宮鉄男
    語り:康すおん 音楽:徳永由紀子 映像資料提供:辛基秀 NHK 他
    支援:文化庁

    受賞選定 文化庁文化記録映画大賞/キネ旬文化映画ベスト・テン第1位/厚生労働省社会保障審議会推薦
    戦前、済州島から日本に渡り、現在は大阪で暮らすリャン・イーホンさんの生活を3年間にわたって記録。1966年から2年間撮影したリャンさんの記録フィルムを軸に、差別と貧困の中で、海女として一家の生計を支え、夫を支え、子ども達を育ててきたリャンさん。日本、韓国、北朝鮮に離散した子ども達との関係から、国家の対立がもたらす悲劇と家族の絆の尊さを伝える。
     
  • 写真:ドキュメンタリー映画「八十七歳の青春 市川房枝生涯を語る」(完全版)

    ドキュメンタリー映画

    「八十七歳の青春 ―市川房枝生涯を語る―」

    (完全版) カラー 121分

    監督・脚本:村山英治 撮影:村山和雄 北川英雄 編集:沼崎梅子
    音楽:木下忠司 解説:米倉斉加年

    受賞選定 文部省選定/〈特別推薦〉(財)婦選会館 日本婦人有権者同盟 独身婦人連盟 日本生活協同組合連合会 理想選挙推進市民の会 (財)日本基督教婦人矯風会 (財)日本女子社会教育会 日本有識婦人クラブ全国連合会 他推薦多数
    明治・大正・昭和にわたって、女性の参政権獲得、地位向上を求めて一心に闘いぬいた市川房枝さんが、みずからの生涯について語った記録。婦人参政権について、平和について、人間としての生き方について、深く考えさせてくれる迫力を持つ。上映会は全国400カ所に及び、約20万人の人たちが映画を観た。
     
  • 写真:ドキュメンタリー映画「八十七歳の青春 つづいて来る人々へ」(短縮版)

    ドキュメンタリー映画

    「八十七歳の青春 ―つづいて来る人々へ―」

    (短縮版) カラー 59分

    監督・脚本:村山英治 撮影:村山和雄 北川英雄 編集:沼崎梅子
    音楽:木下忠司 解説:伊藤惣一
    上映時間2時間に及ぶ長編記録映画「八十七歳の青春」を、学習会用に製作した短縮普及版。
     

短編映画

  • 写真:アニメーション「注文の多い料理店」

    アニメーション

    「注文の多い料理店」

    カラー 19分 〈桜映画社・エコー社共同製作〉

    監督・脚本:岡本忠成 監修:川本喜八郎 原作:宮沢賢治
    撮影:高橋明彦 中出三記夫 音楽:廣瀬量平 美術:川下倫子 小野沢節子 他
    作画:奥山玲子 他 

    受賞選定 文化庁優秀映画作品賞/毎日映画コンクール大藤信郎賞/教育映画祭最優秀作品賞・文部大臣賞/広島国際アニメーションフェスティバル部門第2位/キネ旬ベスト・テン第3位/文部省選定/日本映画ペンクラブ推薦 他
    山奥に猟にやってきた2人のハンターが、「山猫軒」という西洋料理店に迷い込み、数々の不思議な出来事に遭遇する。自然の中に無遠慮に踏み込んだ人間が仕返しを受ける、宮沢賢治原作の童話をアニメーション化。
    岡本忠成監督の未完の遺作を友人の川本喜八郎監督が監修して完成させた。
     
  • 写真:人形アニメーション「おこんじょうるり」

    人形アニメーション

    「おこんじょうるり」

    カラー 25分 〈桜映画社・エコー共同製作〉

    監督:岡本忠成 原作:さねとうあきら 人形:保坂純子 撮影:田村実 アニメーション:藤森誠代 長崎希 吉田悟 音楽:高橋祐次郎 声の出演:長岡輝子 他

    受賞選定 芸術祭大賞/毎日映画コンクール大藤信郎賞/教育映画祭最優秀作品賞・文部大臣賞/キネ旬ベスト・テン第1位/日本映画ペンクラブ賞第1位/赤十字映画祭特別大賞・最優秀賞/厚生省児童福祉文化賞 他/文部省特選
    日本アニメーション映画の奇才、岡本忠成監督の代表作品。
    まじないで厄払いをするいたこの婆さんは、最近へまばかりやってふさぎこんでいた。そこへ腹をへらしたきつねのおこんがやってきた。おこんがじょうるりをうなると、病気がすっかりなおると大評判。さびしい婆さんときつねのおこんの間にめばえた、ほのぼのとした心の交わりを描く。
     
  • 写真:アニメーション「草原の子テングリ」

    アニメーション

    「草原の子テングリ」

    カラー 21分

    演出・作画監督:大塚康生 原案:手塚治虫 原画:椛島義夫 撮影:若菜章夫
    音楽:間宮芳生 声の出演:市原悦子 山内雅人
    企画:(株)雪印乳業

    受賞選定 広告電通賞/中央児童福祉審議会推薦/優秀映画鑑賞会推薦/文部省選定
    広大な中央アジアの草原を舞台に、仔牛と少年の友情の物語を、草原の情緒や生活をまじえながら描くアニメーション。牧畜生活がはじまろうとしていた頃、人間と動物の間には、こんな話もあったのではないかという想像からつくられた作品。幼児から小学校高学年まで、幅広く楽しめる。
     
  • 写真:人形アニメーション「水仙月の四日」

    人形アニメーション

    「水仙月の四日」

    カラー 12分 〈N&Gプロダクション製作〉

    監督:長崎希 原作:宮沢賢治 人形:保坂純子 撮影:田村実 美術:川下倫子
    アニメーション:長崎希 吉田悟

    受賞選定 アヌシー国際アニメーションフェスティバル入選/広島国際アニメーションフェスティバル入選/オタワ国際アニメーションフェスティバル入選/日本映画ペンクラブ推薦/文部省選定
    春の訪れを告げる水仙の花が咲き出す頃、人をあざ笑うかのように冬が荒れ狂う日を、宮沢賢治は「水仙月の四日」と名づけた。美しくも恐ろしい自然の姿を描いたこの作品は、本来、人が自然のふところに抱かれた存在であることを、静かに教えてくれる。
     
  • 写真:ドキュメンタリー映画「利休の茶」

    ドキュメンタリー映画

    「利休の茶」

    カラー 47分

    監督:村山正実 脚本:村山英治 村山正実 撮影:西山東男 編集:沼崎梅子
    音楽:間宮芳生 語り:中村吉右衛門
    監修:表千家 千宗左・裏千家 千宗室・武者小路千家 千宗守

    受賞選定 毎日映画コンクール教育文化映画賞/キネ旬ベスト・テン第3位/教育映画祭優秀作品賞/日本映画ペンクラブ推薦/文部省選定
    映像として初めて、本格的な資料にもとづいて、千利休の茶の世界へ主に造形の面から迫る。現存する利休道具やゆかりのある茶室、露地を可能な限り探りながら、利休の美意識と高い精神性をみていく。
    〈収録〉 茶室、露地:待庵(国宝)、残月亭、不審庵、又隠(重文)、官休庵、燕庵(重文)など
    茶道具:曜変天目茶碗(国宝)、青磁茶碗馬蝗絆(重文)、珠光天目、赤楽茶碗一文字、黒楽茶碗俊寛、割高台茶碗、利休尻膨茶入、黒棗再来、茶杓ゆがみ、茶杓泪など
    絵画:夏景山水図(国宝)、漁村夕照図(国宝)など
     
  • 写真:ドキュメンタリー映画「ありがとう」

    ドキュメンタリー映画

    「ありがとう」

    カラー 55分 〈中井プロダクション製作〉

    企画・監督・撮影:中井正義 音楽:デレク・ジャクソン 語り:今尾博
    詩朗読:細田百合子

    受賞選定 パルマ国際医科学映画祭金賞・特別賞/キネ旬ベスト・テン第3位/赤十字国際映画祭金船大賞/教育映画祭優秀作品賞/文部省特選/厚生省推薦 他
    進行性筋肉萎縮症(筋ジストロフィー)のため23歳の生命を終えた石川正一君とその家族の生活を記録した作品。毎晩続く寝返りと痰の介助と入浴、洗髪など、両親の粘り強い看護のもとに明るく前向きに生きる正一君。正一君の姿に家族は逆に励まされていく。そして没後、家族全員が福祉の道に進んでいく。
     
貸出のお問い合わせ
株式会社桜映画社 貸出担当係

受付時間:平日10:00~17:00(土日祝日を除く)
TEL 03-3478-6110  FAX 03-3478-5966
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-1千駄ヶ谷ビル4F
e-mail:mail@sakuraeiga.com

貸出に関するお問い合わせは下記フォームをご利用下さい。
お問い合わせ
 
作品カタログ
天に栄える村
死者の書
HAZAN
みすゞ
里山っ子シリーズ
いのち耕す人々
海女のリャンさん