私と地婦連 3部作

私と地婦連 3部作

2004年 / カラー

 

企画 田中里子さん証言を記録する会

 

語る人:田中里子(元東京都地域婦人団体連盟常任参与 / 元全国地域婦人団体連絡協議会事務局長)
戦後の女性運動、消費者運動、平和運動を通して、NPO活動50年のキャリアを持つ田中里子さんが、その活動を語る。当時の映像資料を中心に構成されたこの3部作は、市民運動や社会参加の歴史と活動の貴重な証言である。

 

第一部 草創期の地婦連(41分)

生い立ち、生田花世・山高しげり・市川房枝との出会い、占領下時代、草創期の「地婦連」の活動、全国の母を発起人とした桜映画社設立など。自分たちでも何かできるという、初心を思い起こす大切さが田中さんの証言から伝わってくる。(文部科学省選定)

 

第二部 地婦連の消費者運動(43分)

全国組織を生かしたLPガス調査から、消費者5団体との連携で成果をあげた「カラーテレビ買い控え運動」、独自に開発したちふれ化粧品の誕生まで、なぜ消費者運動が成功したかを探る。

 

第三部 地婦連の平和運動(41分)

第1回原水禁世界大会から国連軍縮特別総会出席まで、緒方貞子さんとの出会い、「1日分のおやつ代」を送る運動などを語り、これから来る人たちに伝える田中さんのメッセージを収録。(文部科学省選定)

 

≪全3部セット≫

DVD ライブラリー版: 15,000円(税別)