昭和30年代の日本・家族の生活 2.都会のくらし編

昭和30年代の日本・家族の生活 2.都会のくらし編

2005年 / カラー・モノクロ / 145分

 

戦後の復興が本格的に始まり、人びとがたくましく輝いていた昭和30年代を、当時の映像でふりかえる…。
各編ともに、製作当時のニュースと現在の姿を収録。
3社共同企画製作(記録映画社、日本映画新社、桜映画社)

 

「百人の陽気な女房たち」(昭和30年 / 30分)

戦後の日本は蚊やハエだらけ!これはいけないと主婦たちが立ち上がり、ボランティアで公衆衛生改善活動を続ける主婦たちの姿を紹介。

 

「大都会の生活」(昭和32年 / 21分)

大都会の繁栄ぶりを紹介しながら、当時の交通や住宅事情の問題点も指摘。当時の空からみた東京の街並みも必見!

 

「おやじの日曜日」(昭和34年 / 28分)

造船工場で働く父の休日、妻と4人の子どもと銭湯・上野公園・寄席などを周るユーモラスな東京見物。

 

「昼だけの都会」(昭和36年 / 12分)

大都会の生活、丸の内のサラリーマンやBG(OL)の出社風景、昼休みの屋上など、高度成長期前の都会のくらしを紹介する。

 

「猫の散歩」(昭和37年 / 26分)

ノラ猫の目が見た都市のゴミ問題。本物のノラ猫の演技はお見事!監修:山本嘉次郎、猫の声をサザエさんのカツオ役の高橋和枝が!

 

以上5作品のほか、ニュース「保守新党発足へ」「小さい流行 大きい流行」「輝くご成婚」「青田刈りの求人戦線」「マンモス化の団地住宅」収録。

 

≪各編≫

DVD 個人版: 5,714円(税別)

≪全3編セット≫

DVD ライブラリー版: 51,429円(税別)